• HOME
  • 全日本宗教用具協同組合ご加入のご案内

全日本宗教用具協同組合ご加入のご案内

全日本宗教用具協同組合平成28年度全国研修会で挨拶する小堀賢一理事長(2016年10月・京都市)

全日本宗教用具協同組合平成28年度全国研修会で挨拶する小堀賢一理事長(2016年10月・京都市)

ごあいさつ

全日本宗教用具協同組合理事長
小堀賢一

「健全な社会の育成に貢献することこそ、
私たちの目指すところです」

全日本宗教用具協同組合への加入を検討されている皆様。
全日本宗教用具協同組合(全宗協)は、旧全日本宗教用具連合会の組織を引き継ぎ昭和62年10月に国(経済産業省)の認可を受けて活動している業界唯一の全国的組織の協同組合です。
全宗協はこれまで業界のコンセンサスづくりや正常な商取引の確保、そして業界の大同団結を図るためのリーダー役として活発な活動を展開してきました。

しかしながら、現在私たちの業界(宗教用具製造・販売)はかつてない危機に見舞われております。国民の宗教離れ、核家族化や住宅事情の変化に伴う生活習慣の変化から需要が低迷する一方、原材料費の高騰や輸入品の増大も加わり、これらの対策に迫られています。
この難局を打開して、業界の新しい分野を切り開いていくためには、業界全体が一致団結して将来を見据えた長期的な経営戦略を確立していくことが重要だと考えております。こうした観点から全宗協は次のことを運営理念として掲げて歩んでおります。

  1. 消費者の信頼を高めること
  2. 地域の心の文化を育み、心の安らぎに貢献すること
  3. 自己啓発を怠らず、経営品質を高めて地域社会に貢献すること
  4. 宗教用具業界の健全な発展をはかること

全宗協は組合員一人ひとりが主役の組合です。新規加入される皆様と共に、新しい時代のリーダー役として宗教用具業界の新しい時代を切り開き、健全な社会の育成に貢献していきたいと願っております。
皆様の加入を心からお待ち申し上げております。

全宗協のあゆみ全宗協の組織概要

全宗協の概要

目的
全宗協は、より良い宗教用具を安心してお求めいただける価格で提供し、神仏を敬いご先祖を供養することにより、皆様の心の幸せと平和なご家庭が築かれることを願うと共に、宗教用具業界の健全な発展を目指します。

全宗協とは

  1. 「中小企業等協同組合法」に基づく経済産業省認可の法人組織で、宗教用具業界における唯一の全国的組織の協同組合です。
  2. 経営の近代化を推進し、相互扶助の精神に基づき協同事業を行うなど、会員企業の経済的地位の向上を図ることを目的とした組織です。
  3. お仏壇をはじめ宗教用具の正しい情報をお客様にお伝えするため、「仏事コーディネーター資格制度」を制定しました。現在は 「仏事コーディネーター資格審査協会」が運営にあたり、全宗協は後援しています。

具体的な活動については全宗協のご紹介をご覧下さい。

お問合せは全宗協事務局まで

全日本宗教用具協同組合事務局
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-16-7 第二小林ビル2階
TEL.03-6206-0413 FAX FAX.03-6206-0414
info@zenshukyo.or.jp

お問い合わせフォームはこちら