全宗協加盟店紹介

宮岸仏具(大阪市) 全宗協加盟店紹介

宮岸仏具

仏壇ばかりでなく、仏事のあり方、仏壇店のあり方に対してもこだわりを持つのが宮岸仏具だ。細部へのこだわりから本物が生まれるとすれば、宮岸仏具は確かに本物がある仏壇店だ。

宮岸仏具は金沢出身の宮岸正一氏(明治25年生まれ、昭和48年没)によって大正5年に大阪の地で創業され、戦後の大阪仏壇の発展を支えたのが2代目の宮岸正氏(昭和6年生まれ)。宮岸仏具は元来が製造卸の職人の店であり、その伝統は大正5年創業時から築かれてきたものだ。昭和29年には現在店舗のある今宮戎へと移転し、昭和35年には大阪城天守閣の改修工事に宮岸仏具は加わる。

店頭での接客も行う3代目の宮岸隆氏(昭和32年生まれ)は、製品に対しての深い造詣を持ち、大阪仏壇の伝統、大阪の仏事の歴史を詳しく知り、地元の顧客から信頼されている。

仏壇展示は、伝統的な大阪仏壇(金仏壇)から、都市型仏壇までと幅広い。南海電鉄今宮戎駅、地下鉄堺筋線夷町駅地下鉄御堂筋線大国町駅から近く、お線香やローソクのお客様も途切れることなく訪れる。

大阪市浪速区恵美須西2ー14ー26 TEL.06(6632)1301 FAX.06(6644)0127

 

宮岸仏具