全宗協加盟店紹介

仏具のサロンナーム(泉佐野市・泉南郡) 全宗協加盟店紹介

仏具のサロンナーム

 仏具のサロンナーム(大阪府泉佐野市)のシンボルマークは中央に光を置き、そこから十二本の光が広がるデザインになっています。これはお釈迦様が悟りを開かれた時に発した十二の光を象徴したもの。蔵野正彦社長は歴史や仏教に非常に詳しく、ブログ「南無のこころ」では仏壇や法要の意味、お釈迦の教えなど幅広い話題を提供し、人気を集めています。

仏具のサロンナームの創業は昭和八年。初代蔵野寅吉氏が泉佐野で蔵野仏壇店を開いたのが始まりです。大阪市内の天六にあった伴仏壇店が親戚であったことが創業のきっかけとなったといいます。元々寅吉は繊維産業が盛んだった泉佐野で織機に詳しく大勢の人から信頼されていましたが、昭和初期の金融恐慌の際に繊維産業も打撃を受けたために仏壇店を始めたということです。この蔵野仏壇店の創業地には今でも長く親しまれてきた店舗(蔵野仏壇店)があり営業を続けています。

仏具のサロンナームは間近に見える関西国際空港が開港した平成5年頃にオープンしました。その名の通り、仏壇に限らず仏具や様々な仏事情報を発信する場所となっています。

現在では蔵野正彦社長の長男である充博氏も店頭に立ち、お客様の対応や納品などの活躍しています。

仏壇の新規購入はもちろんのこと、仏壇の修理や引っ越し、引き取りなどお気軽にご相談ください。

大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺618-7 TEL072-465-7676 FAX.072-465-2828

 

 

仏具のサロンナーム