全宗協加盟店紹介

仏壇工芸ほりお(高山市) 全宗協加盟店紹介

仏壇工芸ほりお(高山市)

飛騨高山仏壇の仏壇工芸ほりお(高山市)は明治42年、初代の堀尾四三二がお仏壇づくりを始めたことからスタートしました。その後工房と店舗を現在の場所へと移転し、平成5年に法人化し有限会社ほりおとなりました。

現在は仏壇職人8名とともに自社工房にてお仏壇の製作や修復をはじめ、地元に伝わる伝統工芸を使った飛騨春慶のお仏壇を製造販売しております。

飛騨春慶を使ったお仏壇は全国各地からご注文をいただき、その中でも勾玉(まがたま)をモチーフにした扉のデザインの製品が人気で、飛騨春慶仕上げの他にタモやウォールナットの無垢材を使ったシリーズへと展開しております。これは加盟する飛騨木工連合会の飛騨家具の動向を見つつ樹種の選定を行っているもので、タモやウォールナットの製品はリビングなど現代の生活空間にもぴったりとマッチするものです。

工房に隣接する店舗では、職人の技術とともに幅広い知識をお客様に提供し、安心してお買い求めいただけるよう努力しており、職人共々「気持ちよい挨拶を!」を合言葉にお客様に安らぎを与えられるお店づくりをしています。

岐阜県高山市三福寺町369-7 TEL.0577-33-6686 FAX.0577-36-5663

仏壇工芸ほりお(高山市)