全宗協加盟店紹介

横田安楽堂(広島市) 全宗協加盟店紹介

横田安楽堂(広島)

横田安楽堂は江戸時代に出雲出身の創業者が、広島に来たことから始まりますが、当時「安楽堂」という屋号では神社・仏閣の仕事を主に行っておりました。明治時代には広島市内の銀山町にて神具・仏壇の製造卸の「横田商店」となりました。大正時代には鈄屋町(堀川町)に店舗を移転し横田善太郎が店主で、昭和20年8月に起きた広島への原爆投下で店舗が焼失。しかし翌昭和21年8月には鈄屋町・薬研堀町で仮店舗で営業を開始しております。昭和25年には社名を「横田安楽堂」とし、昭和42年に株式会社となりました。

戦後は横田登から横田守登、そして現当主・横田正登と引き継ぎ、地元広島をはじめとする皆様に、各宗派のお仏壇・お仏具の販売をしております。是非お気軽にお立ち寄り下さい。

広島市中区堀川町2-18 TEL.082-241-4537  FAX.082-243-5060

 

横田安楽堂(広島)