お知らせ

第37回通常総会が開催されました

全日本宗教用具協同組合の第37回通常総会が、5月22日(水)、ホテルオークラ京都で開催されました。

当日は午前中より三役会、委員会(総務・広報・会員増強・事業・正常化・広域認定準備特別)、理事・役員会、NL部(ニューリーダー部)が開催され、午後3時からの総会では令和5年度事業報告・決算報告、令和6年度事業計画(案)・収支予算(案)などが審議されました。

 

記念講演会は妙心寺退蔵院副住職松山大耕氏による講演「寺院の社会的役割と今後の展望」が行われました。

午後6時半からは懇親会が開催され、アルトサックスとベースによる演奏により会場は大きく盛り上がり、
今回開催担当であった京滋地区から関東甲信地区への引き継ぎが行われました。

翌5月22日にはエクスカーションとしてゴルフ、宇治平等院拝観・源氏物語ミュージアム見学などが行われました。